ギフト・記念品・ノベルティの詳細情報

贈る

okuru

人に物を渡す上で、特別な意味を込めるものがギフトである。
ギフトは贈り物として、特別な日であったりイベントなどのシーンで用いられるものである。

基本的には、箱のなかにギフトの趣旨となる品を詰めて、その上から包装紙をまいて中身が見えないようにする。
コレはラッピングと呼ばれるもので、ギフトにおいては特別さを表すために、いちばん目につく外側の箱にも装飾を施す。

雑貨屋をはじめとしたギフト商品を取り扱っている店舗は、毎年包装紙のデザイを変えるなどラッピング自体にも力を入れている。

気持ち

kimochi

ギフトとして贈る物は、基本的にこだわりを持って選ばれるものばかりである。
贈る側は受け取る側に対しての特別な思い入れを持っている場合が多く、感謝の気持ちとして物を贈るのである。

魅力ある品物を選ぶことに注力するのも、ギフト選びの醍醐味として知られる。
ギフト商品の販売側である店舗は、毎年ギフトを贈るようなイベントの時期になると、店頭に特設売り場を設置して多くのギフトプランを提案する。

特別仕様

日本ではギフトを贈る風習が古くから存在する。
お中元やお歳暮といった、季節ごとのお世話になった人に感謝の気持を伝えるタイミングがそれに当てはまる。

お中元やお歳暮には、ギフト用の特別仕様の品物が用意されることがあり、食品や生活用品の詰め合わせが用いられることが多い。
特別仕様の商品に関しても、包装した後にのし紙を付けて受け取り側に発送される。